• 海水浴をする
  • キャンプをする
  • スポーツをする
  • バーベキュー&公園で遊ぶ
  • 野鳥を観察する
  • 紫雲の郷

HOMEつれづれ日記

つれづれ日記

オートキャンプ場のご利用、ありがとうございました

当公園のオートキャンプ場は、本日10月31日(金)で
今年度の営業を終了いたしました。

今年度も多くの皆様にご利用いただきまして、
今シーズンも無事に、この時期を迎えることができました。
誠にありがとうございました。

また、来年4月第3土曜日からオープンとなります。
来年度も皆様のご利用を公園スタッフ一同心よりお待ちしております。

モチノキの赤い実

園内パークウェーに植栽されている“モチノキ”に赤い実が付いています。

モチノキは、常緑の小高木。モチノキの樹皮から鳥餅を作り、これが和名の
由来となっているそうです。
4月ごろに4枚の花弁を持つ花を開き、秋には美しい赤い果実を形成します。

愛鳥センター前、パークウェー中央分離帯で見ることができます。

公園利用の様子

本日は朝から雨が降ったり止んだりの肌寒い
お天気となりましたが、新発田市の小学校の生徒さんが
校外学習で公園に来てくれました。

バーベキュー広場裏の松林で松ぼっくり拾いをしていました。

また、公園に遊びに来てくださいね。

第2回紫雲寺記念公園探鳥会

本日、8時30分から10時まで新潟県愛鳥センター、探鳥路にて、
“第2回紫雲寺記念公園探鳥会”が行われました。
愛鳥センター職員の方に講師をしていただき、多くの鳥が生息する
公園で秋の野鳥の観察会です。13名様に参加していただきました。

はじめに愛鳥センターにて、この時期公園で見られる野鳥や双眼鏡の
使い方を説明していただいたあと、観察会に出発です。

とても良いお天気となりました。
愛鳥センター前では、スズメやハジブトガラスを観察です。
そのあと、林の中の探鳥路を周りました。

探鳥路では、アオサギやタカ(ハイアカ)の姿を見ることができました。
植物のヤブコウジの群生やムラサキシキブなども観察しました。

最後に愛鳥センターで、今日観察できた野鳥のまとめをしました。
全部で13種類の野鳥を観察することができました。

この紫雲寺記念公園を含めた藤塚地区では、年間約160種類の鳥を観察することが
出来るそうです。新潟県全体では約425種類、日本では約633種類といわれているそうです。

講師をしていただいた愛鳥センター様、参加者の皆様、ありがとうございました。

来月も観察会を予定しております。
とても自然豊かな紫雲寺記念公園です。ぜひ、お越しください。

紅葉の様子&探鳥会参加者募集!

朝から、気持ちの良い青空が広がっています。太陽

園内の朝の様子です。

バーベキュー広場の様子です。


パークウェーの様子です。
ぜひ、公園にお散歩にお越しください。

また、明日10月26日(日)8:30~10:00
公園内愛鳥センターにて『探鳥会』を行います。
ぜひ、ご参加ください。

(お問合せ・お申込み)
紫雲寺記念公園インフォメーションセンター
TEL:0254-41-3740
続き▽